胃癌化学療法の重篤な有害事象による緊急入院の割合は二次治療以降で高くなる可能性【胃癌学会2011】|日経メディカル ワークス

胃癌化学療法の重篤な有害事象による緊急入院の割合は二次治療以降で高くなる可能性【胃癌学会2011】

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:

胃癌化学療法の重篤な有害事象による緊急入院の割合は二次治療以降で高くなる可能性【胃癌学会2011】

胃癌化学療法の重篤な有害事象による緊急入院の割合は二次治療以降で高くなる可能性【胃癌学会2011】の画像

胃癌化学療法の重篤な有害事象(severe adverse event:SAE)による緊急入院(SAE入院)の背景因子について、全治療ラインを対象とした検討が行われ、SAE入院率は二次治療以降に高くなる傾向と、転移臓器部位により異なる可能性が示された。3月3日から5日にかけて青森県三沢市で開催された第83回日本胃癌学会総会で、北海道大学消化器内科学の小林良充氏が発表した。 化学療法は外来通院での施行が主体となってきており、入院は必要最低限とされる傾向にある。原疾患の増悪や重篤な有害事象の発現は緊急入院を要し、その予測と準備は重要である。したがって、SAEによる入院の高危険群の背景因子を検討す...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載


都道府県で施設を絞り込む


施設形態で施設を絞り込む


注目インタビュー


遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわりの記事画像

遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわり

予約はすべてオンライン予約のみ、ビデオチャットを使った遠隔診療をいち早く取り入れるなど、新しい仕組みづくりに挑戦する精神科クリニックが六本木に開院した。来田院長が考える多忙なビジネスパーソンを支える治療に必要なこととは?院長ご本人に話を伺った。

この注目インタビューを詳しく見る


新着の医院・施設


荒尾介護システム訪問看護ステーション

荒尾介護システム訪問看護ステーションの画像
  • 住所
    熊本県荒尾市
  • 施設形態
    訪問看護ステーション
  • 募集職種
    【看護師/准看護師】【作業療法士】【理学療法士】
この施設を詳しく見る

あいじゅ極楽

あいじゅ極楽の画像
  • 住所
    愛知県名古屋市名東区
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【介護職/ヘルパー】
この施設を詳しく見る

上総園ふれあいデイサービスセンター

上総園ふれあいデイサービスセンターの画像
  • 住所
    千葉県君津市
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【介護職/ヘルパー】
この施設を詳しく見る




医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『胃癌化学療法の重篤な有害事象による緊急入院の割合は二次治療以降で高くなる可能性【胃癌学会2011】』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国365731件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月18日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。