インフリキシマブの早期導入でバイオフリー/ドラッグフリー寛解の可能性が高まる|日経メディカル ワークス

インフリキシマブの早期導入でバイオフリー/ドラッグフリー寛解の可能性が高まる

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:

インフリキシマブの早期導入でバイオフリー/ドラッグフリー寛解の可能性が高まる

コラム:JCR2012
インフリキシマブの早期導入でバイオフリー/ドラッグフリー寛解の可能性が高まるの画像

関節リウマチ(RA)治療の世界的潮流は、「早期からの積極的な治療介入」の時代に入った。インフリキシマブ(IFX)をSteinbrocker病期分類のステージ1から用いると、ステージ2以降に投与開始した場合に比べて臨床的寛解の達成率が有意に高いだけでなく、生物学的製剤を休薬できるバイオフリー寛解、抗リウマチ薬すべてを休薬できるドラッグフリー寛解の達成率も高まる可能性が示された。静岡リウマチ整形外科リハビリ病院の澤野浩氏らの報告で、4月26日から28日まで東京で開催された第56回日本リウマチ学会(JCR2012)で発表された。 澤野氏らは、最初の生物学的製剤としてIFXを投与したRA患者のうち、...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載





医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『インフリキシマブの早期導入でバイオフリー/ドラッグフリー寛解の可能性が高まる』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国366581件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月24日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。