進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与開始8週後にAFP値20%減少が得られれば予後が改善する可能性【肝臓学会2012】|日経メディカル

進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与開始8週後にAFP値20%減少が得られれば予後が改善する可能性【肝臓学会2012】

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:

進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与開始8週後にAFP値20%減少が得られれば予後が改善する可能性【肝臓学会2012】

進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与開始8週後にAFP値20%減少が得られれば予後が改善する可能性【肝臓学会2012】の画像

進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与開始から8週後のAFP値20%以上減少は、進行までの期間延長の予測因子である可能性が示された。6月8日から金沢市で開催された第48回日本肝臓学会総会で、京都市立病院消化器内科の桐島寿彦氏が発表した。 桐島氏らは、進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与の際の生存に寄与する因子を検討するため、2012年3月までに京都府立医科大学とその関連施設からなる京都肝癌分子標的治療研究グループに登録した144例を対象に、mRECISTで評価する抗腫瘍効果、進行までの期間(TTP)、生存期間(OS)について検討した。 144例の患者背景は、男性118例、年齢71歳(中央値)...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載


都道府県で施設を絞り込む


施設形態で施設を絞り込む


注目インタビュー


遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわりの記事画像

遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわり

予約はすべてオンライン予約のみ、ビデオチャットを使った遠隔診療をいち早く取り入れるなど、新しい仕組みづくりに挑戦する精神科クリニックが六本木に開院した。来田院長が考える多忙なビジネスパーソンを支える治療に必要なこととは?院長ご本人に話を伺った。

この注目インタビューを詳しく見る


新着の医院・施設


リビングホームおおつか

リビングホームおおつかの画像
  • 住所
    青森県八戸市
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【介護職/ヘルパー】
この施設を詳しく見る

それいゆデイセンター

それいゆデイセンターの画像
  • 住所
    青森県八戸市
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【看護師/准看護師】
この施設を詳しく見る

就労継続支援B型事業所 ハングアウト

就労継続支援B型事業所 ハングアウトの画像
  • 住所
    神奈川県三浦郡葉山町
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【サービス管理責任者】
この施設を詳しく見る




医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与開始8週後にAFP値20%減少が得られれば予後が改善する可能性【肝臓学会2012】』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国365502件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月15日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。