切迫性尿失禁への抗コリン薬とボツリヌス毒素の有効性は同程度|日経メディカル ワークス

切迫性尿失禁への抗コリン薬とボツリヌス毒素の有効性は同程度

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:

切迫性尿失禁への抗コリン薬とボツリヌス毒素の有効性は同程度

切迫性尿失禁への抗コリン薬とボツリヌス毒素の有効性は同程度の画像

切迫性尿失禁の女性患者を対象に、抗コリン薬の経口投与とボツリヌス毒素(onabotulinumtoxinA)膀胱壁内注入の有効性と安全性を直接比較した二重盲検無作為化試験で、これら2つの治療法の開始から6カ月間の有効性に差はないことが分かった。ただし有害事象プロファイルには差が見られた。米Duke大学のAnthony G. Visco氏らが、2012年10月4日付のNEJM誌電子版に報告した。 切迫性尿失禁は女性に多い病気で、米国では高齢女性の19%がこの病気に悩んでいるといわれている。第1選択は抗コリン薬だが、これに反応しない患者にはボツリヌス毒素の膀胱壁内注入が有効だ。しかし、ボツリヌス...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載


都道府県で施設を絞り込む


施設形態で施設を絞り込む


注目インタビュー


遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわりの記事画像

遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわり

予約はすべてオンライン予約のみ、ビデオチャットを使った遠隔診療をいち早く取り入れるなど、新しい仕組みづくりに挑戦する精神科クリニックが六本木に開院した。来田院長が考える多忙なビジネスパーソンを支える治療に必要なこととは?院長ご本人に話を伺った。

この注目インタビューを詳しく見る


新着の医院・施設


青藍会在宅医療支援センター中央

青藍会在宅医療支援センター中央の画像
  • 住所
    山口県山口市
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【介護職/ヘルパー】
この施設を詳しく見る

多機能型就労支援施設+S

多機能型就労支援施設+Sの画像
  • 住所
    静岡県浜松市中央区
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【生活支援員】
この施設を詳しく見る

After School GROW

After School GROWの画像
  • 住所
    兵庫県神戸市灘区
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【児童発達支援管理責任者】
この施設を詳しく見る




医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『切迫性尿失禁への抗コリン薬とボツリヌス毒素の有効性は同程度』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国366383件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月23日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。