とっさのときに使える便利な英語表現とは|日経メディカル ワークス

とっさのときに使える便利な英語表現とは

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:更新日:2013-09-20

とっさのときに使える便利な英語表現とは

とっさのときに使える便利な英語表現とはの画像

海外の研究者との会議に出席するとき、意見交換するとき、あるいはプレゼンテーション後のディスカッションの場で、また、フォーマルなディスカッションでなくても学会のランチやディナーなどで海外の研究者とテーブルを共にするとき、はたと困ったという覚えはありませんか。研究領域に関する英語はよく分かっているが、普通の会話に入るときに何と言えばよいのか、議論中に相手の感情を損ねないように反論するにはどうすればよいのか、部分的には賛成できるがこれだけは言っておきたいという場合は何といえばいいのか――。このような場合、とっさのときに使える英語表現を覚えておくとスムースな会話のために便利です。 ディスカッションの...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載





医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『とっさのときに使える便利な英語表現とは』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国366581件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月24日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。