「インフルエンザに罹ったって大したことない」は危険信号?|日経メディカル ワークス

「インフルエンザに罹ったって大したことない」は危険信号?

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:

「インフルエンザに罹ったって大したことない」は危険信号?

「インフルエンザに罹ったって大したことない」は危険信号?の画像

喉元過ぎれば熱さを忘れる。今回はこのことわざにちなんだ話題を取り上げたいと思います。2009年。のちにインフルエンザA(H1N1)pdm2009と命名されたインフルエンザウイルスが世界的な大流行を引き越しました。いわゆる新型インフルエンザ(パンデミックインフルエンザ)の発生でした。その後のことですが、第一線で診療に当たる専門家を訪ねると、最近「インフルエンザに罹ったって大したことない」という声が出始めているというのです。これは、インフルエンザ対策にとって危険信号なのではないでしょうか。 ある小児科医は、インフルエンザ(H1N1)2009が終息したあたりから、世間では「インフルエンザは大したこ...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載





医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『「インフルエンザに罹ったって大したことない」は危険信号?』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国366530件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月24日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。