高山病、時差ボケ 利尿薬と眠剤が要|日経メディカル ワークス

高山病、時差ボケ 利尿薬と眠剤が要

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:更新日:2013-11-11

高山病、時差ボケ 利尿薬と眠剤が要

コラム:REPORT
高山病、時差ボケ 利尿薬と眠剤が要の画像

私は、海外渡航者を対象にしたトラベルクリニック外来を開設している。近年、スイスやネパール、南米など、標高3000m以上の高地を旅行する中高年が増えており、高山病について指導する機会が多い。 高山病は標高2000m以上の高所で低酸素により生じる身体症状の総称。重症化すれば、高所肺水腫や脳浮腫を来し得るが、大半は頭痛や吐き気、脱力感などの山酔いの症状が表れる。高齢者では標高1500m以上、つまり富士山の五合目でも発症リスクがある。 こうした旅行者に予防薬として保険外診療で処方しているのが、アセタゾラミド(商品名ダイアモックス)だ。緑内障などに使われる利尿薬で、脳血流量増加や呼吸中枢への刺激作用...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載





医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『高山病、時差ボケ 利尿薬と眠剤が要』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国366508件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月24日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。