大腸癌肝転移に対するUFT+LV術後補助化学療法は3年無再発生存を有意に改善、予後延長効果は不明【癌治療学会2014】|日経メディカル

大腸癌肝転移に対するUFT+LV術後補助化学療法は3年無再発生存を有意に改善、予後延長効果は不明【癌治療学会2014】

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:更新日:2014-09-05

大腸癌肝転移に対するUFT+LV術後補助化学療法は3年無再発生存を有意に改善、予後延長効果は不明【癌治療学会2014】

大腸癌肝転移に対するUFT+LV術後補助化学療法は3年無再発生存を有意に改善、予後延長効果は不明【癌治療学会2014】の画像

UFT+LV療法は大腸癌肝転移に対する術後補助化学療法として、手術単独と比べて、無再発生存期間(RFS)を改善することが、多施設共同フェーズ3試験で確認された。ただし全生存期間(OS)は現時点で有意差がなかった。8月28日から30日まで横浜市で開催されている第52回日本癌治療学会学術集会で、東京山手メディカルセンター外科の伊地知正賢氏が発表した。 根治的な肝切除が行われた大腸癌肝転移例を対象に、UFT+LV療法群と手術単独群にランダムに分けた。UFTは300mg/m2、LVは75mg/日を4週間投与1週間休薬し、5コース行った。割付因子は、施設、同時性・異時性、肝転移個数、原発巣部位、初回切...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載





医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『大腸癌肝転移に対するUFT+LV術後補助化学療法は3年無再発生存を有意に改善、予後延長効果は不明【癌治療学会2014】』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国366508件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月24日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。