sFlt-1/PIGF比は妊娠高血圧腎症の除外に有用|日経メディカル ワークス

sFlt-1/PIGF比は妊娠高血圧腎症の除外に有用

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:

sFlt-1/PIGF比は妊娠高血圧腎症の除外に有用

sFlt-1/PIGF比は妊娠高血圧腎症の除外に有用の画像

妊娠高血圧腎症を示唆する症状が表れた妊婦の、血清中の可溶性fms様チロシンキナーゼ1(sFlt-1)と胎盤増殖因子(PlGF)の値を測定し、sFlt-1/PIGF比を求めると、短期的な妊娠高血圧腎症診断の予測に役立つことが明らかになった。オーストリアVienna大学のHarald Zeisler氏らが行ったコホート研究で、sFlt-1/PIGF比が38以下だと採血から1週間以内に妊娠高血圧腎症を発症しないことを高い精度で予測できた。詳細は、NEJM誌2016年1月7日号に報告された。 妊娠高血圧腎症は妊婦の2~5%が発症するといわれており、症状から疑われる妊婦は、妊娠高血圧腎症ではないことが...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載





医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『sFlt-1/PIGF比は妊娠高血圧腎症の除外に有用』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国366530件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月24日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。