転移性腎細胞癌にIFNとベバシズマブの有効性示す2つ目のフェーズIII結果が発表 【ASCO GU】|日経メディカル ワークス

転移性腎細胞癌にIFNとベバシズマブの有効性示す2つ目のフェーズIII結果が発表 【ASCO GU】

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:更新日:2008-02-21

転移性腎細胞癌にIFNとベバシズマブの有効性示す2つ目のフェーズIII結果が発表 【ASCO GU】

転移性腎細胞癌にIFNとベバシズマブの有効性示す2つ目のフェーズIII結果が発表 【ASCO GU】の画像

転移性明細胞腎細胞癌に抗血管内皮成長因子(VEGF)抗体ベバシズマブとインターフェロン(IFN)α2bを併用投与すると、IFNを単独投与するよりも効果が高いことが、大規模フェーズIII試験であるCALGB 90206試験で確認された。IFNα2aとベバシズマブの併用の効果が高いことは別のフェーズIII臨床試験であるAVOREN試験で確認されているが、今回、異なった種類のIFNでも同様の結果が得られることが明らかとなったことになる。 両試験の間にはAVOREN試験が盲検試験だったのに対して、CALGB 90206試験はオープンラベル試験であるという差もあった。この結果は、米国臨床腫瘍学会などが...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載





医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『転移性腎細胞癌にIFNとベバシズマブの有効性示す2つ目のフェーズIII結果が発表 【ASCO GU】』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国366508件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月24日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。