フェレットに咬まれ蜂窩織炎を発症した警官が、17年後に死亡?

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:

フェレットに咬まれ蜂窩織炎を発症した警官が、17年後に死亡?

フェレットに咬まれ蜂窩織炎を発症した警官が、17年後に死亡?の画像

17年前にフェレットに手を咬まれて蜂窩織炎を発症した大分県警大分中央署の警部補が、今年1月に41歳で死亡していたことが分かった。警部補は、大分駅前交番に勤務していた2002年当時、通報を受けてフェレットの捕獲を試みていた。咬まれた3カ月後に蜂窩織炎を発症して以降、入退院を繰り返して治療を続けていた。地方公務員災害補償基金県支部は7月、警部補の死亡を公務災害として認定した。 北里大学獣医学部小動物第1内科の木村祐哉氏は「フェレットの口腔内常在菌としてはパスツレラやコリネバクテリウムがあり、その他の動物と同様に、それらへの注意が必要となる。また、日本は狂犬病清浄国だが、場合により狂犬病も疑う必要...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


INTERVIEW
豊田剛一郎の「明日の医療の話を聞こう」
INTERVIEW豊田剛一郎の「明日の医療の話を聞こう」


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載


都道府県で施設を絞り込む


施設形態で施設を絞り込む


注目インタビュー


遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわりの記事画像

遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわり

予約はすべてオンライン予約のみ、ビデオチャットを使った遠隔診療をいち早く取り入れるなど、新しい仕組みづくりに挑戦する精神科クリニックが六本木に開院した。来田院長が考える多忙なビジネスパーソンを支える治療に必要なこととは?院長ご本人に話を伺った。

この注目インタビューを詳しく見る


新着の医院・施設


介護用品専門店 ふくえん

介護用品専門店 ふくえんの画像
  • 住所
    熊本県熊本市南区
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【福祉用具専門相談員】
この施設を詳しく見る

ルネサンス 元氣ジム大和

ルネサンス 元氣ジム大和の画像
  • 住所
    神奈川県大和市
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【介護職/ヘルパー】【介護タクシー/ドライバー】
この施設を詳しく見る

可児医院

可児医院の画像
  • 住所
    愛知県名古屋市瑞穂区
  • 施設形態
    診療所
  • 募集職種
    【看護師/准看護師】
この施設を詳しく見る




医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『フェレットに咬まれ蜂窩織炎を発症した警官が、17年後に死亡?』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国181224件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2019年12月16日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。