三環系抗うつ薬市場はアミトリプチリンの首位変わらず|日経メディカル ワークス

三環系抗うつ薬市場はアミトリプチリンの首位変わらず

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:

三環系抗うつ薬市場はアミトリプチリンの首位変わらず

三環系抗うつ薬市場はアミトリプチリンの首位変わらずの画像

日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、三環系抗うつ薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、57.5%の医師がアミトリプチリン塩酸塩(商品名:トリプタノール他)と回答した。 第2位のアモキサピン(アモキサン)は14.6%、第3位のクロミプラミン塩酸塩(アナフラニール)は12.2%、第4位のイミプラミン塩酸塩(イミドール、トフラニール)は11.4%の医師が、最も処方頻度の高い薬剤として選んだ。 図には示していないが、5位以下は次の通り。 ・ノルトリプチリン塩酸塩(ノリトレン)1.7% ・ドスレピン塩酸塩(プロチアデン)1.3% ・ロフェプラミン塩酸塩(アンプリット)0.7% ・...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載





医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『三環系抗うつ薬市場はアミトリプチリンの首位変わらず』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国366581件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月24日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。