下痢型過敏性腸症候群治療薬「イリボー錠」が発売|日経メディカル ワークス

下痢型過敏性腸症候群治療薬「イリボー錠」が発売

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:更新日:2008-10-15

下痢型過敏性腸症候群治療薬「イリボー錠」が発売

下痢型過敏性腸症候群治療薬「イリボー錠」が発売の画像

アステラス製薬は10月7日、過敏性腸症候群(IBS)治療薬の「イリボー」(一般名:ラモセトロン塩酸塩)を発売した。同剤はセロトニン5-HT3受容体の拮抗剤で、適応症は男性における下痢型IBS。剤形は1種類2用量(2.5μg錠、5μg錠)で、薬価は2.5μg錠1錠が86.30円、5μg錠1錠が141.10円。いずれも淡黄色・円形のフィルムコーティング錠だが、2.5μg錠の方が小さく、また錠剤の表面に「イリボー2.5」「イリボー5」の文字が印刷されており、見分けやすい。 イリボーの主成分は制吐剤のナゼア(0.1mgOD錠)と同一だが、少量投与により消化管運動亢進に伴う便通異常の改善や、大腸痛覚伝...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載


都道府県で施設を絞り込む


施設形態で施設を絞り込む


注目インタビュー


遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわりの記事画像

遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわり

予約はすべてオンライン予約のみ、ビデオチャットを使った遠隔診療をいち早く取り入れるなど、新しい仕組みづくりに挑戦する精神科クリニックが六本木に開院した。来田院長が考える多忙なビジネスパーソンを支える治療に必要なこととは?院長ご本人に話を伺った。

この注目インタビューを詳しく見る


新着の医院・施設


PFC JAPAN CLINIC 山形

PFC JAPAN CLINIC 山形の画像
  • 住所
    山形県山形市
  • 施設形態
    診療所
  • 募集職種
    【看護師/准看護師】
この施設を詳しく見る

ケアネット神谷

ケアネット神谷の画像
  • 住所
    東京都北区
  • 施設形態
    訪問看護ステーション
  • 募集職種
    【介護職/ヘルパー】
この施設を詳しく見る

訪問看護ステーション やくしやま

訪問看護ステーション やくしやまの画像
  • 住所
    京都府京都市北区
  • 施設形態
    訪問看護ステーション
  • 募集職種
    【看護師/准看護師】
この施設を詳しく見る




医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『下痢型過敏性腸症候群治療薬「イリボー錠」が発売』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国365844件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年07月19日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。