胃癌―新しい内視鏡手術が登場、低侵襲手術の適応広がる|日経メディカル ワークス

胃癌―新しい内視鏡手術が登場、低侵襲手術の適応広がる

日経メディカル ワークス ロゴ日経メディカル ワークス ロゴ

医療・介護・福祉・歯科で働く従事者の働き方とキャリアを考え、
最適な仕事探しをサポートする、日経メディカルとジョブメドレーが共同運営する情報サイトです。


公開日:更新日:2007-12-27

胃癌―新しい内視鏡手術が登場、低侵襲手術の適応広がる

胃癌―新しい内視鏡手術が登場、低侵襲手術の適応広がるの画像

胃癌の領域で今話題となっているのが、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD:Endoscopic Submucosal Dissection)だ。この手技の登場により、低侵襲を最大の特徴とする鏡視下手術の適応拡大の動きが始まっている。 ESDとは、内視鏡下で腫瘍の周りを囲むように粘膜下層まで切開し、一括してはがし取る日本発の技術だ(下写真)。ESDの先駆者の1人である静岡県立静岡がんセンター内視鏡科部長の小野裕之氏は、「まだこの方法を広く行っているのは、日本と韓国くらいでしょう」と胸を張る。 これまで内視鏡手術では、腫瘍を隆起させてスネアで囲み、焼き切ることで切除する内視鏡的粘膜切除術(EM...

同じコラムの最新記事

NEWS
おすすめ新着記事
NEWSおすすめ新着記事


RECRUIT注目の医院・施設


コラム・連載


都道府県で施設を絞り込む


施設形態で施設を絞り込む


注目インタビュー


遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわりの記事画像

遠隔診療、完全オンライン予約制、ITで多忙な人を支える来田誠院長のこだわり

予約はすべてオンライン予約のみ、ビデオチャットを使った遠隔診療をいち早く取り入れるなど、新しい仕組みづくりに挑戦する精神科クリニックが六本木に開院した。来田院長が考える多忙なビジネスパーソンを支える治療に必要なこととは?院長ご本人に話を伺った。

この注目インタビューを詳しく見る


新着の医院・施設


ホームヘルプ 敬和の郷

ホームヘルプ 敬和の郷の画像
  • 住所
    鹿児島県南九州市
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【サービス提供責任者】
この施設を詳しく見る

岡山矯正歯科

岡山矯正歯科の画像
  • 住所
    岡山県岡山市北区
  • 施設形態
    歯科診療所・技工所
  • 募集職種
    【歯科衛生士】
この施設を詳しく見る

有料老人ホーム ユーノス大津

有料老人ホーム ユーノス大津の画像
  • 住所
    熊本県菊池郡大津町
  • 施設形態
    介護・福祉事業所
  • 募集職種
    【介護職/ヘルパー】
この施設を詳しく見る




医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス

日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。『胃癌―新しい内視鏡手術が登場、低侵襲手術の適応広がる』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国360610件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2024年05月27日現在)。求人の募集状況なども確認することができます。